風俗業はどのぐらい稼げるのか?

風俗求人を見てみると各風俗店で給料の額がバラバラなのに気付くのではないでしょうか。一般的には1日働いて3万円から10万円というのは相場という風に言われるわけですが、この稼ぎというのは風俗店によっても変わりますし、風俗嬢の働き具合によっても異なってきます。

風俗店は価格帯によって分類できる

iuliu
風俗店というのは価格帯によって大衆店や一般店、高級店に分かれてきます。同じ60分コースであっても大衆店よりも高級店の方が高い傾向があります。一般店は大衆店と高級店の中間という風に考えてもらって構いません。大衆店の給料の相場としては3万円から4万円程度、一般店は5万円から6万円程度、高級店であれば8万円から10万円程度になります。
一番稼ぎたいというのであれば高級店に行くべきですが、高級店になりますと容姿や性格の基準がより厳しくなりますので、採用され辛かったりもします。しかし、採用されたときにはきちんと性的サービスを行うことによってお客様が支払ってくれる単価が高いために、給料も多くなります。

給料のバック率は50%から60%程度

風俗の仕事は時給制ではなく完全出来高制に当たります。つまり、お客様が来てくれなかったら基本的には給料が出ないと言ってもいいでしょう。ただし、日給保証を出してくれている風俗店でその条件に当てはまっているのであれば、お客様が少なくてもその金額は保証されます。日給保証は誰でも出してくれるわけではなく、いろいろと条件が付きますので十分に注意してください。
給料はお客様が支払ってくれる金額に対してバックされる形でもらえます。例えば、コースで2万円支払ってくれる場合バック率が50%であれば、1万円が給料として支払われることを意味します。バック率が高いほど給料として戻ってくる金額が高くなりますが、相場としては50%から60%程度です。よく稼いでくれたり、風俗店のためになっている風俗嬢に関してはバック率が60%以上というのも可能性としてはあり得ます。

指名やオプションにもバックされる

上記の例は基本コース料金のバック率についてですが、その他にも直接指名されたり、オプションプレイをしてくれたりする場合にも給料としてバックされます。指名料金は千円から5千円程度が一般的で、オプション料金は程度が軽いものだと千円ぐらいで、程度が激しいと数万円ぐらいになったりもします。指名料金やオプション料金のバック率は50%から100%と風俗店によってまちまちです。

天引きされるものもある

wqqthrs
以上のものにつきましてはもらえるものになりますが、中には天引きされるものもありますので十分に注意してください。1つ目は雑費と呼ばれるもので、備品などの代金を給料から差し引かれるものです。徴収方法としては給料から何%一律で引かれるか、コース1回ごとに数千円引かれるかのどちらかになります。
2つ目は罰金という形で差し引かれるものです。基本的には欠勤や遅刻したら決まった額を差し引かれるという形で罰金が取られることがあります。罰金については基本的に支払わずに済めば一番いいわけです。

風俗嬢の稼ぎは自分次第のところがある

風俗嬢は基本コース以外にも指名された場合やオプションプレイの場合にも給料の対象になります。高級店になれば支払いの単価が高くなりますので、それだけ給料が高くなる傾向にあります。結局のところは、自分がどういう風俗店を選ぶかということとお客様をつかむかということにかかってきます。

■風俗求人と言えば風俗求人吉原

更新情報